葉酸が妊婦に必要な理由とは?ベビーの成長に関わる葉酸の働きと効果を紹介します!

妊娠中は、ママやベビーの健康のために栄養バランスの良い食事を摂ることが大切ですが、特におススメしたいのが葉酸という栄養素です。

葉酸は水溶性のビタミンで、ほうれん草等の野菜やイチゴ、枝豆、レバーに多く含まれている成分です。いろいろな食べ物に含まれているので、普通の食生活をしていれば特に不足することはありません。

しかし、妊娠中は、お腹のベビーの分も摂る必要があるため、普通の食生活では不足してしまいます。そのため、サプリメントなどで不足分を補うことが大切です。

なぜ、サプリメントで補うほど葉酸が必要なのでしょうか?それは、葉酸の働きが妊婦の健康とベビーの成長に深く関係しているからです。

ベビーがお腹の中で急激に成長するには、細胞分裂を活発に繰り返す必要があります。葉酸には、細胞分裂を活発にしたりDNAの形成を促したりする働きがあるため、妊婦には葉酸の摂取が大切なのです。

また、葉酸不足は、ベビーの成長に影響を及ぼすだけでなく、神経管閉鎖症という先天性の障害が残るリスクが高くします。

神経管閉鎖症は、脳とせき髄の間にある神経管という部分に障害が起こり、ベビーの脳や下半身に障害が残る病気です。この病気を発症した場合は、無脳症、排尿障害、歩行障害などの症状や流産のリスクもあります。

ベビーの神経管は、妊娠1~3カ月の間に形成されるため、この時期の葉酸はとても重要なものになるのです。葉酸は妊娠の1カ月前から摂るのが理想的と言われていますので、妊活中の女性は積極的に摂るようにしましょう。

厚生労働省では、母子手帳にも葉酸不足に注意するように明記していて、医療機関にも働きかけているほどです。

このような情報を聞くと不安になりますが、葉酸を摂っていればリスクを減らせる病気です。ですから、不足しないようにしっかりと摂るようにしましょう。

葉酸には妊婦の貧血を予防するという大切な働きもあります。葉酸は、ビタミン12という栄養素と一緒に血液を作る作用があるため、出産を控えた妊婦にはとても大切な栄養素です。

では、葉酸はどれぐらい摂ればいいのでしょうか?妊娠の1カ月前と妊娠1~3カ月頃は約440㎍の量が必要だといわれています。

妊娠していない女性の場合は200㎍ですから、約2倍の摂取量になります。妊娠4か月以降は、200~400㎍の間の摂取量で十分だといわれていますので摂取量を調整しましょう。

妊娠初期は体調不良で食事がとれない場合もありますので、サプリメントなどで必要量を補うことが大切です。

葉酸サプリの特徴と人気ランキングはコチラ→http://keeponmoving1998.com/