生活習慣病にDHAとEPAサプリが効果的

DHA 生活習慣病予防
テレビや雑誌などでDHAとEPAという言葉を聞くことがあるでしょう。一般的な印象としては青魚などにたくさん含まれているのがDHAとEPAというイメージであるかもしれません。

健康食品やサプリメントの成分として広告宣伝されていることがほとんどですから、DHAとEPAが健康に良さそうな成分であることはわかっていても、具体的にどのような健康効果があるかわかっていない人も少なくないようです。

もし、ある程度の年齢になっており、生活習慣病が気になるというならば、DHAとEPAを摂取することが生活習慣病の予防になることを知っておくことは決して無駄ではないでしょう。

生活習慣病として言及されるのは高血圧、高脂質、糖尿病などが上げられます。これらの生活習慣病が怖いのはほとんどの人が自覚症状がないのに、これらの生活習慣病が進んでいることでしょう。

これらの生活習慣病が進んでしまうと脳梗塞や心筋梗塞などの致命的な病気を引き起こすことからこれらの生活習慣病を「サイレントキラー」と呼ぶこともあるくらいです。

これらの生活習慣病の予防に役立つのがDHAとEPAで普段から青魚を大量に食べている人以外ではサプリメントなどで摂取したほうがいいでしょう。

DHAとEPAは生活習慣病に対して主に4つほど効果があると考えられています。一つ目はDHAとEPAは血圧を下げます。高血圧を予防することによって脳梗塞などの脳血管障害を予防する効果が考えられます。

二つ目にDHAとEPAは血糖値を下げます。血糖値が下がることによって糖尿病の予防や改善に効果が考えられます。三つ目にDHAとEPAは悪玉コレステロールとも呼ばれるLDLコレステロールを下げます。LDLコレステロールを下げることによって高脂質や心筋梗塞を予防する効果が考えられます。

最後にDHAとEPAは血栓ができにくくします。血栓ができにくくすることによって心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果が考えられます。